2歳に知能テストを受験させる

香川県の幼児向け英語教室口コミ

MENU

2歳に知能テストを受験させる母親が急増?

近年ではIQを伸ばすことに注目されており、子どもを持つ親御さんの中には興味をもっている人もいるのではないでしょうか。そのため小さなお子さんでもある2歳に知能テストを受験させるという家庭も見られるようです。その結果となる知能指数を知ることで、これからの教育や学習などの手掛かりにとなり年齢が低ければ低いほどに大きく伸ばせる可能性があるとも言われているようです。

 

IQが高い子の特徴とは?

 

IQとは生活年齢に対し精神年齢がどれくらいなのかで数字として算出されます。同年代の知能検査結果の平均値に対してとなっており、精神的に大人だとか子供ということではなく例えば2歳の子が3歳の子と同等の問題を解くことができれば知能指数は高くなります。同年代相応の答えなら100指数として表します。知能研究所での報告によると高い知能をもつ子どもの特徴が示されていました。

 

◎誠実、正直、人気、責任感が優れている
◎活発な遊びを好み集団の中へ入っていく
◎道徳的知識が優れ社会的にも適応できる
◎学びの関心の成熟が早く、自分より大きい子を友達に持つ
◎遊びでは規則の必要なものを好む

 

知能テストを受けることで子どもの可能性や不足していることを見つけ出すことができるとして、現在では様々なところで行っているところもあるようです。発達の以上や不安がある場合では発達専門病院などもありますが、気軽に受けられるインターネットでできる簡易テストなどがおすすめとなっているようです。

 

2歳から年齢別知能テストとなっておりゲーム感覚でできるものとしていますが、やる気次第で高くなったり低くくなったりとなることも考えられるようです。しかし無料で何回もできますので調子のいいときを見計らって受けることでどれくらいかわかるようです。そして幼児教室においても実践しているところもあり、良いところを最も伸ばし不足しているところも重点的に伸ばしバランスよく成長するよう指導してくれるところもあるようです。

 

ギフテッドについての理解

 

先天的に平均よりも高い能力を持っている人でもあり、その高能力の傾向は誕生から生涯にかけて見られるとし早期教育で伸ばすことはできないとされています。ギフテッドは自ら常に多様な知的刺激を切望し満たし、興味ある分野を自分の学習法で極めて探究する傾向があり同年代より先をいったレベルに到達すると言われています。

 

しかし日本ではまだあまり理解されていない部分もあり、協調性、コミニケーション力、が不足していたり、変わっている、独特、人と違うといった認識でもある中、飛び級でできる賢い子という一面でとらえる人もいるようです。アメリカでは専門の学校があり不得意を補ったり、得意分野を伸ばしたりし理解ある教育専門機関があるようです。

 

以前、日本人の子どもが中学校の3年間を飛び級し12歳で高校に進学し14歳でカナダのトップ大学5つに合格したと報じられたこともありました。そして9歳にしてシカゴの大学に入学し医師の道に進んだという子もおり記憶にある人もいることでしょう。そしてそれは生まれ持った財産でもあり、早期教育や英才教育をして備わることではないようです。