絵の具遊びで製作力を身に着ける

香川県の幼児向け英語教室口コミ

MENU

子供は絵の具遊びで製作力を身に着けるべきか?

習い事や塾など幼児期から通わせる親が多いなか、遊びの中で可能性や能力を伸ばせてあげたいと考えている親御さんもいるようです。そして今注目されているのが絵の具遊びでもあるようです。そしてたいていの幼稚園や保育園では絵の具を取り入れた遊びは、一般的に見られるようです。絵の具遊びで制作力を身につけることはもちろんでもありますが、他にも様々な効果も期待でき成長に欠かせないものでもあるようです。それには筆を使ったり素手でおこなったりと色々な方法での取り組みにより遊びとして取り入れるようです。ここでは口コミ評判を交えその効果や体験談なども紹介したいと思います。

 

幼少期の遊びはとても大切でどんなことでも吸収し、成長発達には必要とされています。見て、聞いて、触れて、体を動かし、感じることで五感が鍛えられ脳の活性化を促す作用があるようです。その一つが絵の具遊びとなっており想像力、集中力、探究、色彩感覚、制作力などを養うことが期待できるようです。原色の絵の具を他の色と混ぜることで違う色へと変わり、組み合わせによって何色へと変色するのかワクワクします。そして実際に触れたときの感触や描くときの観察力や洞察力などといった未知なる可能性を秘めた遊びでもあるようです。

 

自由に伸び伸びと遊べる環境で

 

遊びといっても自宅でやらせる場合には特に初めての際には、あまり自由にやらせることで大変なことになってしまったというママさんもいるようです。なんといっても好奇心旺盛でもある3歳児ではとどまることを知らずに、紙以外のところにも自由に塗りたぐってしまったということのようですね。ですので親も心の準備と約束を決めて遊ばせることが大事でもあるようです。

 

せっかく楽しんで絵の具で遊んでいるのに、周りからうるさく言われていては面白くもなくなり嫌いになってしまうことも考えられます。十分なスぺースのところに大きな紙を用意して遊ばせるのが良いようですね。そしてチューブからの絵の具の出し入れはママさんがなれるまではやってあげたいものですよね。庭があればレジャーシートを引いてその上に大きい模造紙をおいても良いようです。近所のお友達を誘って汚れても良い洋服に着替え自由に遊ばせることも理想的でもあります。

 

協調性や助け合い、思いやりも芽生え時間を忘れるくらいに夢中になり、もっとやりたい!もう少し!という気持ちとなり次のときまで楽しみに待つという自制心も身に付くようです。その後のお片付けも皆で行うことで自主性を促し、家庭でもできる教育の一貫ともなるようです。