お腹の中の赤ちゃんに音楽を聞かせる

香川県の幼児向け英語教室口コミ

MENU

お腹の中の赤ちゃんに音楽を聞かせるメリット

結婚して赤ちゃんがお腹の中にいることを知ると夫婦で喜び、そしてその周りにいる身近な人や家族にも祝福され幸せな気持ちになります。そしてまだ生まれもしない我が子の成長を想像して将来のことも考えてしまう人も多いのではないでしょうか。そんな時によく耳にするのが「胎教」でもありますが、本当に効果あるの?と疑問に思う人もいることでしょう。

 

話しかけるためのツールや聴診器、胎教用の絵本、講座、など色々と見られますが、実際に生まれてからの成長にも影響があるのか興味のあるところでもあるようです。昔から伝わる言い伝えでは母親が身ごもっているときに火事をみたり実際に火傷をすると、生まれてきた赤ん坊にあざができるなども言われていました。

 

そして良い音楽を聞いたり絵を観賞していると芸術的才能の子が生まれると言われ、しまいにはトイレをキレイにそうじをすると美しい子が生まれるなど多々言い伝えが聞かれました。長年の研究ではお腹の中にいてもお母さんの声は聞こえているという結果も聞かれるようになっているようです。ここでは様々な胎教の中でお腹の赤ちゃんに音楽を聞かせるメリットや効果を口コミを交え検証し紹介したいと思います。

 

音楽でママも赤ちゃんもリラックス

 

お腹の中にいる赤ちゃんを胎児とも言いますが、耳は良く聞こえており生まれてすぐにママやパパの声を他の人の声と聞き分けることができると実験結果がでているようです。そして胎教に興味がある人は近年では多くおり、それは人によって様々なとらえ方があり天才児に育てるための早期教育として行う人もいるようです。

 

それには芸術鑑賞を親しんだり、クラッシクを聞いたりその他には良かれと聞いたものに取り組む姿が見られるようですが、赤ちゃんとのコミニケーションの手段としている人が最も多いようです。音楽は脳を刺激して活性化を図り特に妊娠6ヵ月からは急激に発達することも知られていますので、胎児にも大きな影響を与えることも期待できるようです。

 

しかしそもそも胎教というのは妊婦が精神的安定に努め、お腹の赤ちゃんに良い影響を与えるためのものでもあります。ですので母親がリッラクスした状態でいることで、双方が穏やか生活を送ることができるための目的でもあるようです。

 

その様な効果が期待でき人気の音楽はやはりモーツワルトが不動でもあり、他にはバッハなどのクラシックとなるようです。普段聞き慣れない人にはつまらなく感じ寝てしまうという人もいるようですが、それで十分でもあるようです。ストレスを感じることなくアルファ波が多く含まれているため良質な睡眠となることができるようです。そのため赤ちゃんの脳にも刺激されることで活性化が図れると言えるようです。

 

実際に生まれた後の子どもが天才児やまれなる才能をもっていたということはわかってはいませんが、お母さんもお腹の赤ちゃんにとっても音楽を聞くことは情操教育の一貫となりプラスになることが言えるようです。