子供の睡眠時間が長い・短いどっち?

香川県の幼児向け英語教室口コミ

MENU

子供の睡眠時間が長い・短いどっち?悩み

寝る子は育つと昔から伝えられているように、睡眠は成長に必要なものとなっています。安易に考えている親御さんや女性の働く形態の変化などもあり、幼児期の寝る時間が遅くなっていることから問題視されていることでもあるようです。そのため子供の睡眠時間が長い子もいれば短い子もいるといった現代でもあるようです。年齢別に必要な時間というものがあり、規則正しい眠りを心がけることも親の役目でもあるようです。ここでは睡眠時間によって幼児の影響を徹底調査し紹介したいと思います。

 

年代別の必要な睡眠時間

 

1~3歳 12~14時間
4~6歳 10~13時間
7~12歳 10~11時間
13~18歳 8~9時間

 

生まれたばかりの赤ちゃんは体内時計がまだ備わっていないため、昼夜関係なく寝たり、起きたり様々な間隔となります。そして徐々に長い時間の眠りにつくようになり1日のリズムができあがってきます。1歳となると大人と同様に朝起きて夜寝るといった基本の生活となることが当たり前となってきます。

 

人間の体は朝目覚めたときに明るい光を浴びることで約14時間後より眠気を感じるように体内時計がセットされるようになる生体リズムがつくられるようです。ですので遅くに寝る子では朝起きれなくなってしまう傾向となってしまうことが考えられますが、保育園や幼稚園に行くため起きなくてはいけないことから、睡眠不足という子供が増えているようです。

 

早起きは三文の徳は本当?

 

早く起きることで何らかの利益があるとされることわざとなりますが、睡眠は成長ホルモンが分泌され脳や肉体の回復の源でもあります。そして様々なホルモンが分泌されるために必要な睡眠時間を確保することは健康のためにも大切なことでもあるようです。寝ている夜中に成長ホルモンがでていますので、特に幼児期では心身の発育に大きく関わることから非常に重要なことでもあります。

 

睡眠にはレムとノンレムがあることを知っている人もいることでしょう。レムでは睡眠時は身体が休息していますが、脳はその間記憶の整理が行われていると言われています。ですので日中に学習したことを忘れないための記憶をとどめることとして、その眠りは大切とも言われています。そして脳が休息する時間がノンレムとなりますがそれもまた大事でもあり、睡眠がどれだけ重要であることがわかるのではないでしょうか。

 

そのため幼少期から成長期にかけ早寝早起きの生活リズムが基本となり、長い睡眠時間の子は頭が良いとも言われているようで実際に証明されていることでもあるようです。記憶をつかさどる脳の一部の海馬は寝ている間に活動していることがわかっているようです。ですので幼児期において習い事や塾なども良いですが一番必要とされるのが、規則正しい生活の中の睡眠でもあるようです。なんといっても寝る子は育つとも言われそれは科学的根拠に基づいていることでもあるようです。